« これは”沖縄だけ”の問題ではない・・・。米国の国防分析研究所 元主任 オスプレイの安全性に関する防衛省作成の解説書を否定 | トップページ | 大飯原発”再稼働”を巡る大メディア報道の影で・・・。『関電と保安院は、活断層の可能性を示唆する図面を隠し続けてきた 大飯原発敷地内の断層(破砕帯)は活断層の可能性が濃厚』 »

2012年7月 8日 (日)

大飯原発の敷地内に「活断層」! 一方、関西電力は「資料を紛失」!!

■再稼働停止資格では?関西電力大飯原発断層の資料紛失!

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2078.html

地震津波に関する意見聴取会(経産省3日午後)で、
関西電力の「資料紛失」のために、大飯原発活断層の議論ができなかったというニュースです。

関西電力という超大手企業が、その一番大切にしている原発に関わる資料を紛失するなんて、
もし、これが事実ならば、そこまで管理体制が悪い企業に
原子力発電所というミスを許されない危険な機械を動かす資格はない!と私は思います。

「資料をなくした」という事が、不都合な事実を隠すための言い訳だとしたら、
原子力発電所という一つ間違えれば国民生活を脅かすような機械を動かすという、
日本の国の存続に関わるような仕事を任せることはできないし、させてはならないとわたしは思います。


20120703 大飯原発「活断層」指摘でも関西電力資... 投稿者 PMG5


http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65813825.html

大飯原発直下の断層が、活断層である可能性が指摘され続けている。ようやく報道ステーションは東洋大学の渡辺満久氏のインタビューを交え、これを報じた。

同時に、保安院のもとでの「地震・津波に関する意見聴取会」において、関西電力が資料を紛失して、大飯原発の活断層の疑いが議題から外されていたことを伝えている。


■冨永愛、大飯原発再稼働に疑問…「異常だよ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120707-00000026-flix-movi

モデルの冨永愛が、自身のツイッターで関西電力の大飯発電所再稼働について疑義を呈している。

 冨永は今月3日の「大飯原発、なんで再稼働する前に活断層を改めて調査しなかったのか。資料を無くしたとかありえないし。異常だよ」とのツイートを皮切りに、原発の是非についてフォロワーと積極的に意見交換。その中で「そもそも、贅沢な生活を求めて来たから原発が必要になったわけで、責任は自分達にもあるが、今の時代贅沢という観念は昔とは違うはず」と持論を展開した。

 だがその後、4日に関西電力は大飯原発への送電を開始すると発表。5日には事故調査委員会が福島第一原発事故について「人災」と断定する最終報告書を提出したとの報道が流れた。

 後者について冨永は「わかってた事をやっと言ったって感じだね。ただ津波ではなく地震で電源が落ちた可能性というところが重要。地震対策もできてなかったとしたら、他の原発は?安全対策の疑問」とつぶやき、7日には「調査報告書が出る直前の大飯原発再稼働に不自然さを感じずにはいられない」とコメントした。

 著名人の原発をめぐっての発言では、先日宇多田ヒカルが「賛成か反対かっつったら反対だけど、反対活動をすることはないと思う。代替エネルギーの開発にはすごく興味があります。将来自分が住む家は自家発電とかでがんばってみたいな」「大停電かメルトダウンかだったら私は大停電の方がまだいいや」とツイートしたことも話題になった。

« これは”沖縄だけ”の問題ではない・・・。米国の国防分析研究所 元主任 オスプレイの安全性に関する防衛省作成の解説書を否定 | トップページ | 大飯原発”再稼働”を巡る大メディア報道の影で・・・。『関電と保安院は、活断層の可能性を示唆する図面を隠し続けてきた 大飯原発敷地内の断層(破砕帯)は活断層の可能性が濃厚』 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« これは”沖縄だけ”の問題ではない・・・。米国の国防分析研究所 元主任 オスプレイの安全性に関する防衛省作成の解説書を否定 | トップページ | 大飯原発”再稼働”を巡る大メディア報道の影で・・・。『関電と保安院は、活断層の可能性を示唆する図面を隠し続けてきた 大飯原発敷地内の断層(破砕帯)は活断層の可能性が濃厚』 »

アウト・オブ・コントロール 福島原発事故のあまりに苛酷な現実

みんなで決めよう「原発」国民投票

アメリカに潰された政治家たち

「私はこうして冤罪をつくりました」

現在の時刻

  • ※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

全国の天気

最新ニュース

blogランキング

無料ブログはココログ